翻訳業界に入るには

原文(英語)著者:Mo Stone 翻訳はここ10年で非常に大きく成長した大規模な業界です。インターネット、技術、接続環境により、国境を超えたやり取りがこれまでになく簡単になっている今、翻訳業界は今後も成長を続けるでしょう。これは、専門としたい分野や働き方(フリーランスまたは社員)によって、翻訳者にとって大きな機会です。翻訳者として業界へ入るためのアドバイスをご紹介します。 翻訳者のための教育と資格 まず、明らかなことを指摘するようですが、少なくとも2つの言語を知っている必要があります。現在、翻訳需要が高い言語は、英語、中国標準語、スペイン語、ロシア語、ドイツ語、日本語です。あなたが扱う言語の高い言語能力を示すことです(母国語である、大学で専攻した、その言語が話される国の留学や在住経験があるなど)。 しかし、もう1つの言語をただ知っているだけでは、翻訳のキャリアを保証するものとはなりません。これに加えて翻訳について学んだり資格を得ることは有益です。大手翻訳会社の多くは、必要な資格や能力をウェブサイトに掲載していますので、希望する会社があれば、これを目標にすることができます。また、例えば米国を拠点とするアメリカ翻訳者協会(ATA)の翻訳者認定など、あなたの国の翻訳の資格を調べてみましょう。 また、仕事に役立つ様々なツールやソフトウェアの資格も検討してみてください。これは、企業の採用担当者が必ず探しているものです。翻訳者は皆、講座やウェビナー、ネットワーキングイベントなどを通して自己の成長に努めることをやめず、最新の技術や傾向を常に把握することが必要です。これは、他の翻訳者との差を付け、業界での雇用につながります。 翻訳者を始める 幸いにも、翻訳者になるには翻訳専門の学校へ通う必要はありません。高い言語技能や文化的知識を持ち、最新の技術やツール、市場傾向を知ることが、他の翻訳者との差を付けることにつながります。また、別の分野での経験も、翻訳キャリアの足を引っ張るどころか役立つものとなるでしょう。例えば、法律や医療分野での職務経験は、法律・医療翻訳という、業界でも特に特化した分野での翻訳を始めるのに役立ちます。 フリーランスとなる場合は、自分のブランドを築くため、ウェブサイト、SNS、仕事の人脈作りに時間を割きましょう。あなたのオンライン上のイメージをプロらしく保ち、投稿内容を一貫させましょう。正式な教育を修了したり、副業として翻訳を行うなどから始め、それと同時に得意分野の仕事を探しましょう。ProZは、職探しにお勧めのウェブサイトです。より一般的な求人情報ウェブサイトには、FiverrやUpworkなどがあります。こういった最初の仕事の報酬は低いかもしれませんが、経験を積み、依頼者からの評価(理想的には高評価)を得ることにもつながります。 量より質 翻訳のキャリアに進む時には、正確な翻訳と丁寧な校正による高い基準を自らに設けることが必要です。これは、あなたが翻訳した訳文の校閲者がいる場合であってもです。高品質の仕事は、再依頼や新規の依頼につながり、仕事に満足した依頼者からの高評価につながります。世間でよく言われるように、最高の宣伝は口コミなのです。

日本の冬:四季のお祭り

原文(英語)著者:Mo Stone 日本といえば、春と秋の日本を思い浮かべる人が多いでしょう。しかし、冬の日本にもたくさんの見所があります。東京や京都など比較的大きな都市の多くは、冬の気候は穏やかで観光にも支障がありません。北海道や日本アルプスといった積雪地域には、多くのスキー・スノーボード客が訪れます。この他にも、全国のあちこちで冬のお祭りが開催されます。クリスマスやお正月、1年を通しての見所をご紹介します。 クリスマスのおすすめは長崎 日本のキリスト教徒の割合はわずかであり、日本でのクリスマスは商業的な祝日として人気があるものの、宗教的な祝日として広く祝われていません。本当の日本式クリスマスを体験するには、長崎を訪れることをおすすめします。長崎は日本の西部に位置し、16世紀にポルトガルから日本で最初にキリスト教が伝わった土地です。江戸時代には隠れキリシタンが弾圧を受けた土地でもあります。現在この美しい港町には、他のキリスト教徒の土地と比べて比較的多くの教会が存在しています。 当BT翻訳者の1人であるクリスは、クリスマスの時期に長崎を訪れたことがあり、その時の経験をこう語ります。「長崎の街全体にお祝いの雰囲気がありつつ穏やかで神聖さがありました。クリスマスイブのミサでは、教会に集まった人たちの強い一体感が感じられて、東京の教会では味わったことのないものでした」 さらに、この時期のイルミネーションがお好きな方には、長崎にあるオランダテーマパークのハウステンボスがおすすめです。ここでは毎年、クリスマスのイルミネーションやディスプレイが楽しめます。 新年は神社やお寺へ参拝 日本人は大晦日にパーティーで大騒ぎするということはありません。パーティーの代わりに、国内に数え切れないほどある神社や寺院へ参拝する「初詣」で、日本人式のお祝いをしてみませんか。初詣は新年最初に神社や寺院を参拝する慣習です。もっとも多くの人が初詣に訪れる日は1月1日ですが、有名な神社仏閣の人混みを避けたい場合は、1月1〜7日の間いつでもお参りできます。初詣は仏教の寺院でも神道の神社でも構いませんし、東京の大きく有名なものでも住宅街の小さなものでも構いません。初詣は日本国内すべての神社仏閣で行われます。 初詣では、その年が良い1年であるように祈ったり、お供え物をしたり、絵馬やお守りを購入したり、おみくじ(その年の吉凶を占うための紙くじ)を引いたりします。大晦日の仏教寺院では、お寺の除夜の鐘をつくことができるかもしれません。昔から、除夜の鐘は仏教で神聖な数とされる108回打ち鳴らされます。深夜に始まる除夜の鐘つきは、多くのお寺で参拝者が順番に参加することができます。 冬の間はイルミネーションを楽しむ 冬の間(11月頃から1月頃まで)、日本独特な光景を見ることができます。それは冬のミネーションです。この素晴らしい光のディスプレイは、街中の通りやショッピングセンターからテーマパークまで、様々な場所に現れます。とても華やかな光景で人気も高まっており、年々その華やかさや美しさは増しています。東京のミッドタウンや大阪の御堂筋通りなど、多くは無料で楽しむことができますが、栃木のあしかがフラワーパークなど、規模が大きく優れた施設の中には入園料がかかる場所もあります。冬のイルミネーションは、家族でのお出かけやロマンチックなデートにうってつけです。 あなたの国のあなたのお気に入りの冬のお祝いは何ですか。下のコメント欄でぜひ教えてください。